CLOZIKA翼

これまでなかった中粘度領域にて使用できる中粘度領域型撹拌翼”CLOZIKA”は、クローズタイプのリアクターにて使用できる新たな撹拌翼です。

Clozika1下翼の特徴
基本形状は次世代型撹拌翼”MOLEPAW”の下翼
撹拌翼スパンは槽径の約50%
翼下部は槽底にそった後退翼
翼取り付け部はハの字にカット

上翼の特徴
上翼は上部マンホール口から直接差し込めるサイズの台形パドル翼を採用
翼上部を小さくすることで、上翼の過度な吐出流を抑え、下翼からの循環流を促進

 

◇  ”MOLEPAW”で対応できなかった中粘度領域で使用可能
◇ クローズタイプのリアクターで使用できるため大フランジのコンタミトラブルを回避
◇ 撹拌翼容量の約3%の少液量からの混合が可能
◇ 紛体+液体混合に最適
◇ アミノ酸製造ラインなどの食品分野に最適

 

 

 

 

 

撹拌動画
モールポー翼
きな粉:小麦粉=50:50                きな粉:小麦粉=75:25                きな粉:小麦粉=90:10

クロージカ翼
きな粉:小麦粉=50:50                きな粉:小麦粉=75:25                きな粉:小麦粉=90:10