沿革

 ■会社沿革

 1955年06月 工業用ゴム製品を八幡製鐵所に販売する目的で会社を設立。
以後、製鉄用及び産業用機械器具・部品等の取扱品目を増加、商事事業を軸として経営活動を展開、同時期に販売地域  を全国に広げる。
 1968年02月 旭工機㈱※中津工場を吸収、当社中津工場とする。
グラスライニング機器、ステンレス機器、ホーロー製品の設計・製作・販売を軸とした化工機事業部門の活動を開始。
 1968年08月 中津工場 第一種圧力容器の製造認可 大分基発第31号を取得する。
 1973年12月 中津工場 製缶工場を増設する。
 1979年11月 中津工場 日本工業規格 JIS R4201 認可を取得する。
 1982年04月 中津工場 研究開発室を増設し、釉薬の研究開発、特殊シール「マルチシール」、および「GL多管式熱交換器」を開発する。
新グラス「Octa オクタ」シリーズの販売を開始する。
 1984年04月 インド国ナバブハラット社とグラスライニングの技術交流を図る。
 1986年07月 中津工場 電気炉設備を増設し、グラスライニングの品質向上を図る。
 1987年04月 GL多管式熱交換器が新技術開発財団「市村賞」を受賞する。
 1988年02月 GL多管式熱交換器 第一種圧力容器の製造認可を取得する。
 1989年05月 中津工場 旋盤機械工場を新設する。
 1991年09月 中津工場 台風17号、19号により建家等に大きな被害を受ける。
 1992年05月 中津工場 事務所を新築、およびCAD稼働開始する。
 1992年08月 会社創設者 社長 田中 進 逝去する。
副社長 田中 徹 社長に就任する。
 1993年05月 新型攪拌翼「ベンドリーフ翼」を開発し、販売を開始する。
 1993年12月 中津工場 「攪拌翼焼成炉」を新設する。
 1998年08月 日本工業標準調査会により、ほうろう製品の品質基準をISO規格と整合性をはかり改正と共にJIS R4201 化学工業用グラスライニング機器を廃止する。これに伴い化学工業用グラスライニング機器団体規格の制定作業に入る。
 2000年02月 製造本部中津工場 ISO 9001を取得する。
 2000年10月 中津工場 ブラスト工場を新設する。
 2001年07月 日本工業標準調査会の工業標準に関する答申に基づき、化学工業用グラスライニング機器に関する規格が制定される。
 2002年06月 新型攪拌翼「モールポー翼」を開発し、販売を開始する。
 2004年06月 静電気対策用グラスライニング「SEF」を開発し、販売を開始する。
 2005年01月 高圧ドライシール「新型マルチシール」 を開発し、販売を開始する。
 2005年03月 東京産業株式会社と業務提携する。
 2005年12月 商事事業部門を廃止し、グラスライニング機器の設計・製作・販売に特化する。
 2007年03月 中津工場 中型CNCベンディングロールを新設する。
 2007年03月 中津工場 釉薬工場を新設する。
 2007年04月 中津工場 5000kN油圧製缶プレス機を更新する。
 2007年05月 中津工場 定速走行式マニプレーター付中小型サブマージ溶接機を新設する。
 2009年03月 中津工場 新組立工場を新設する。
 2011年11月 中華人民共和国の圧力容器製造許可を取得する。
 2012年03月 SEF第4回ものづくり日本大賞で九州経済産業局長賞を受賞する。
 2013年04月 中津工場 大型電気焼成炉を新設する。

 

 ■旭工機株式会社の略歴

 1933年 西宮市に我国初の化学耐酸ホーロー機器部門の製造会社を設立。
 1944年 九州工場として中津工場を建設。
 1953年 台湾向け酒用ホーロータンク700基を輸出。
 1960年 昭和38年にかけてソ連向け化学工業用GL機器745基を輸出。
 1961年 当時日本最大の焼成炉 φ4,000×H10,000 を設置。
 1964年 倒産。旭琺瑯工業として事業を継続。
 1968年 八光産業㈱中津工場として事業を継続。